顔の周りに注射

ヒアルロン酸活用

両頬を触る女性

技術やノウハウの発達により、さまざまなタイプの施術が受けられるようになっているプチ整形。美容外科によってもさまざまな工夫をしており、プチ整形を利用すれば顔や体のコンプレックスをきっと解消できることでしょう。
そんなプチ整形のなかに、「ヒアルロン酸注入」という方法があります。ヒアルロン酸とはムコ多糖類の一種で、人体にももともと保有されている物質であり、高い保水能力を有しているものです。もとから人体にあるため外から注入しても無害で、美容の分野にて広く使用されています。
ヒアルロン酸はその高い保水性から肌に潤いを保つ効果があり、さまざまな化粧品に使用されています。そして、プチ整形においては注射器で注入することにより、さまざまな部位の形を調整することができるのです。

プチ整形のうちひとつは、隆鼻術と呼ばれるもの。美容外科によって、名前が少し変わることはあります。この隆鼻術では、ヒアルロン酸を鼻へ注入することにより鼻筋を整えたり、鼻根を高くしたりすることができます。
美容外科を受診する多くの女性が抱えている悩みが、鼻。日本人はもともと鼻の低い民族ではありますが、そのなかでもさらに低いと周りに幼い印象を与えてしまいます。また、鼻の形が悪いことから顔全体のバランスも悪く見えてしまっていることも考えられます。そこでヒアルロン酸注入を行えば、必要なところに必要な分のヒアルロン酸を入れて形を整えることができるので、理想の鼻立ちを手に入れることができるのです。
ヒアルロン酸を注入するためにメスを使用することはなく、注射器で刺すだけですので、傷跡はほとんど見えません。また、手術の時間もとても短く、数分から十数分の間大人しくしているだけで終わります。

ヒアルロン酸注入ではほかに、あごを出すことも可能です。あごが引っ込んでいると、なんだかとてもブサイクに見えてしまうことでしょう。丸みを帯びたあごも、人によっては滑稽に見えてしまいます。
そんなコンプレックスも、ヒアルロン酸注入により解消できます。ヒアルロン酸によりあごを少し出すと、それだけで顔全体の輪郭がスッキリして見えるようになります。
また、唇や頬にヒアルロン酸を注入すると、ふっくらと柔らかい印象にすることができます。つぶれたような唇ではなく女優のようなセクシーな唇になりたい、こけてしまった頬をふっくらさせたい、といった願いをヒアルロン酸注入ならば叶えることができるのです。

メスを使用しないプチ整形であるため、いずれの手術も、ダウンタイムをほとんど必要としません。シャワーが染みるようであれば、2日から3日ほど様子を見たほうがよいですが、そうでなければメイクもその日から行うことができます。