顔の周りに注射

埋没法でキレイに

赤い口紅の女性

気軽に利用できることから、多くの女性から人気を集めているプチ整形。メスを使用しないことから「手術時間が短い」「ダウンタイムが少ないか、ほとんどない」といった、これまでの美容整形からは考えられないような特徴を持っています。そのため、美しくなりたい、コンプレックスを解消したいと思っていても美容整形にはなかなか手を出せなかったという人でも、プチ整形であれば気軽に挑戦することができます。

プチ整形のひとつに、埋没法というものがあります。埋没法とは、一重まぶたを二重まぶたにすることができるプチ整形です。
二重まぶたを作ることができる手術は、いろいろあります。埋没法と対をなすのは切開法で、切開の仕方によりさらに種類が分かれます。切開というからには、切開法ではメスを使用します。より確実な二重の形成が可能ですが、メスはさすがに怖いという人には難しいかもしれません。そんなときに、埋没法が利用できるのです。

埋没法では、糸を使ってまぶたを縫合し、ひとえとなっている部分を奥の方に埋没させます。そうすることによって、二重まぶたが完成するのです。
説明が短く終わったように、埋没法の手術時間はとても短くなっています。美容外科や、その人のまぶたの状態により多少前後しますが、15分程度で終わると考えていいでしょう。もちろん、入院をする必要もありません。
一重まぶたというのは、日本人女性にとってはコンプレックスともなりえるもの。きれいな外見を手に入れるためには、一重まぶたではごまかしきれない部分があります。また、アイプチを使い続けるのを面倒に感じる女性も多いことでしょう。
そんなコンプレックスも、埋没法によって解消が可能です。
埋没法はさらに、メスを入れるのはさすがに怖いという女性以外にも、美容整形は初めてだからまずはプチ整形から挑戦したいという女性にもおすすめです。それでも最初は少し怖いかもしれませんが、すぐに「意外と普通なんだな」と感じることができるでしょう。プチ整形のため、料金も比較的手頃です。

シャワーは当日から、メイクは翌日から可能だという点も嬉しいところ。切開法では、そうはいきません。
ただ注意点として、2日から一週間ほど、腫れが出ます。ある程度はメイクで隠せますが、メイクやシャワーが染みるようであれば2、3日様子を見たほうが無難だといえます。
また、1ヶ月間は激しい運動や顔への強いマッサージを控えた方がよいといえます。その他注意点は医師に確認することができますので、きれいな二重まぶたを手に入れるためにも、注意点にもしっかり気をつけていきましょう。